万里長城

   
   
       ワン  リー  チャン  チョン
町をクイックして下さい
 
司馬台  の周辺の 万里長城  
 
事実
(事実)
  • 世の中に中国の万里長城 を知らない人がいないだろう。「万里の長城の波濤を超える」などの諺を 聞くと、建築された爾来、万里長城は非常に意義と象徴的性格のあるものだとわかる。 一里は654bで、そう考えると一万里は約6500kmだ。それはあまり大袈裟ではない。 全ての部分を組み合わせると、長さは約5000キロである。違う言葉で言うと、 万里長城は東京からネパールまで延びている。平均高さは3メートルから5メートルまでだ。
  • 濫觴 万里長城は当方の満州から西の新疆維吾爾(ウイグル)まで延び、ずっと結びついているものではない。 この防壁は北からよく中国を侵略した騎馬民族匈奴の攻撃を撥ねつけるために作ったものである。この長城を築くことは 何百年かかり、北京に一番近い部分はだいたい明朝(1368〜1644)の時代に作ったものだ。
  • 時間が多大の犠牲を強い、万里長城は風雨にさらされて損なわれてしまった。それに加えて斜面度はかなり高くて ぼろぼろしたところを歩くのはやや危ない。再建された部分は安全だが、侵食したところも再建されたところも 両方を見学したほうが良い。
  • 観光客の大部分は北京に近い八達嶺 (バーダーリン バーダーリン)という綺麗に 再建されたところへ行く。しかし、そこは30元の料金になり、観光客はどやどや来るので静かに見学することが できない。他の選択肢は司馬台 (シーマータイ シーマータイ)という部分的に 再建されたところだ。司馬台では、大きなバス専用の駐車場や様々な屋台とお土産の店がある。値段は高すぎないし、 かなり落ち着いて見学できるところだ。エジプトのピラミッドなどのよくぼられる観光スポットと全く違う。
往路
(往路)
  • 司馬台や八達嶺などの北京に近くて行きやすい万里長城沿いの名所は北京からだいたい2時間ぐらい離れている。 八達嶺の場合には、列車でも行ける。その列車は北京の北站(站は駅という意味)から出発する。 しかし、ほとんど全ての北京のホテルから観光バスがある。それは当然ながら一番簡易。 タクシーでも行けるが、約400元かかりそう。
宿泊
(宿泊)
  • 北京から万里長城を見学する人は、北京に泊まったほうが良い。中国では、外国人を泊める旅館は少ないので、 長城沿い旅行する人はできるだけ都市に泊まったほう便利だ。
→ 見所 ←
  • 地形によるあらゆる障害を克服する万里長城ばかりではなく、周りの景色もとても素晴らしい。 この巨大な建築物はやはり絶対自分で体験したほうが良い。頂上も越える長城の上に歩いて、 高いところから周りの風景を眺めるのは一生に忘れない瞬間だ。しかし、上述のように、 再建されていない部分を歩くのは危険だ。
リンク
(リンク)
 
©旅人