花蓮
花蓮
花蓮 - 台湾でのポジション


機能: 花蓮縣の県都 | 人口: 約 11万人 | ホームページ: http://www.hualien.gov.tw/
一般的な印象 本当を言うと、花蓮と言う町は見なくても良い町であると思う。名所が少ないが、花蓮の周辺には沢山の ハイライトがあるので、花蓮は旅行の基地として便利だ。例を挙げると、町の付近には伝統的な アミという原住民の村がある。台湾の美しい山地いわゆる太魯閣の山峡を 横断する東西横貫公路のスタートも近い。それに加えて、花蓮に近い沖には、鯨が見える可能性は高い。 スリルを求める人は、夏と秋に海岸のほうに座って直接海から山をぶつかる台風を待つこともできる。私の意見にとって、 どこでも砂糖が入っている花蓮料理を食べることも挑戦の一つである。水餃子とか、ラーメンなどにもよく沢山の砂糖が入っている。そう言う特徴は中国でも所々にある。
見所
  • 当然に、花蓮にも夜市場がある。例えば、中山路というメーンロード沿いの横町には、 大禹街夜市というところだ。 特別なものではないが、屋台などが多いので、夕食を食べたい人はそこへ行ける。

  • ふ〜む…それ以外は、大きな港がある歴史的ではない10万人の町では何ができるのだろうか… 観光客にとって、小さな散歩以外はできることは少ない。一つは、コンクリートばかりの海岸を歩くことだ。 例えば、堤防沿いの南浜公園で散策することは、 雨が降らなかったら、楽だ。そこから、町全体と海岸に近い山々が見える。

  • 見所ではないが、太魯閣に行きたい方にとって大切な情報は、バスターミナルのことだ。一番便利は、 太魯閣行きのバスはバス・ターミナルから出発する。駅から歩くと、中山路というメーン通りの右側にあって、海岸に近いから駅からちょっと離れている ところにある。一日中何本もあるけど、一番便利は朝9時に出発するバスだ。

  • それ以外の花蓮ですることができること:
    - 無休にざあざあ降っている雨についていらいらして自爆する
    - そのとき三週間だけ存在したユーロという新しいお金を両替してみる…銀行員にその貨幣の地元を説明するのは とても面白かった。
    - 「地球の迷い方」に帰ってあるお勧めのレストランを探して、一時間後そのレストランは大分前閉鎖したということをわかる。
    他の提案があれば、メールで知らせて下さい!
  • 宿泊所 花蓮には安いホテルを見つけるのはあまり難しくない。一つは、中央バス・ターミナルに近い 五洲大旅社というところだ。 中には、本当に暗くて(ゴキブリが見えないように!?)、部屋とバスはまあまあだけど、一泊なら十分だ。 一人部屋での一泊は250元だ。バッグパっカーは花蓮へあまり行かないので、花蓮のホテルにはドミトリー がなさそう。住所は: ホテルの住所.