台中
台中
台中 ― 台湾でのポジション


機能: 台中縣の県都 | 人口: 約94万人 | ホームページ: http://www.tccg.gov.tw/

一般的な印象 台湾の台○(台北・台南・台西・台中・台東)という町のうち、台中は第二の大都市だ。人口は約100万人だ。 台湾人によって、台中の天気は国全体の一番いいのだ。それは本当かどうかわからないけれども、一月の下旬 には、天気は晴れて25度ぐらいで絶対台湾の北方と東方よりよかった。台中は経済成長のおかげですごく繁栄している町だ。 どこでも工事中の近代的な銀行や住宅、店などが見える。台中は大規模に台湾の経済力と高まった生活標準を反映している。 それ以外は、名所が少なくて台中は観光客にとって非常に面白いところではないが、台中は住みやすいところだ要するに台湾 の日常生活などを味わう人にとって、台中は行ってみる価値のある町田。
見所
  • 台中の地図を見ると、二つの中心があると見える。中央駅の北西に広まる中心は二番目の中心より古いが、 近代的なデパートなどが多い。バスターミナルもその辺にある。その都心から広い台中港路 を4キロぐらい北西へ行くと、ただ港路と称されている新しい都心に入る。港路の付近は台湾の経済的な推進力を 印象的に表す。広い道路は台中の特徴で、他の町と同じく、無数のオートバイはその色彩が豊富な道路に栓をする。

  • 賑やかな中心を飽きた人は、駅から3キロぐらい離れている 孔子廟へ行ける。その寺はすごい静かで、色彩の調和はとても いい。孔子廟はかなり大きくて散歩のためにいいところだ。隣には、忠烈祠という同じような静かなところがある。

  • 駅からもっと離れると、孔子廟に近い寶覺寺(宝覚寺)という有名なお寺がある。 そのに寺は、公園に囲まれている小さな建物が沢山ある。緑が多くて静かなところだから、少しゆっくり出来る場所だ。だが、 その寺のハイライトは高さが30メートルぐらいの金色の大仏だ。その大仏は弥勒大佛像 と呼ばれているが、インドの本名はマイトレヤだ。その弥勒仏像の快活な顔を見ると気分が絶対良くなる。 それはクリスト教で違うだろう。教会にある彫像や絵などを見ると、だいたい苦労や悩み、災禍しか見えない。それと対照的に、 仏教の寺には楽しそうな顔などが多いだろう。
  • 宿泊 台中のホテルの供給は台湾のどんな町でもと同じくものすごく良い。安宿と最高級の間には何でもある。 安宿の一つは、東成大旅社というところだ。 駅への近さはそのホテルの利点だ。だが、そのホテルは横町にあるからやや見つけにくい。外には、 大きな青い文字が書いてある黄色の板がある。部屋などはかなり古くて、狭い。しかもどこでも中々暗い。 それにもかかわらず、小さな部屋は清潔だ。ドミトリーがない。一人部屋での一泊は300元になる。 それより綺麗なホテルが必ずあるけれども、駅から途方で2分しかかからないのでとても便利だ。 そのホテルの住所は: 台中のホテルの住所