太魯閣と梨山
太魯閣 & 梨山
梨山 - 台湾でのポジション


梨山: 台中縣にある村 | 人口: 約千人 | URL: http://www.internet.com.tw/lishan/ (中国語のみ)
一般的な印象 太魯閣という有名な山峡は北の東西横貫公路という台中と花蓮を結ぶ道路の途中にある。北の横貫公路といえば、 当然に南の東西横貫公路もある。その道路は、台南と台東を繋げる道路だ。残念ながら、北の道路はまだ地震によるの 被害のせいで不通だ。真中にある梨山という村からは、西のほうへ行くことは無理だということだ。 台湾の山地は本当に素晴らしくて、峰はほとんど4000bを達する。道路はずっと山麓沿いと谷にあるわけではない。しかし、 東から入ると、道路は最初に深い谷にある川沿いに作られたものだ。その谷は太魯閣と呼ばれ、大理石と綺麗な風景のおかげで有名になった。しかも、太魯閣の周辺はハイキングが好きな人にとって天国だ。山峡と高い山・雲とさらさら流れる小川―この辺は大自然が大好きな人にとって絶対行かなければならないところだ。
見所
  • 花蓮から少しだけ北のほうへ行くと、左側には太魯閣 とその辺にある国立公園に入る道路がある。 太魯閣の深淵はかなり狭くて、道路を作るのは大変そうだった。 そういう道路は、工学的にすぐれた規範だが、道路が完全にできた前、 事故などのせいで約500人の労働者が亡くなったという話がある。 谷には、結構大きな大理石の鉱床がある。沢山の岩だながあって、 たまに崖崩れが発生して道路に被害をつける。

  • 国立公園の真中には、という太魯閣の一番大きな 町がある。そこには、宿泊所や店、そしてバス・ターミナルなどがある。そこから、沢山の遊歩道が始まる。 残念ながら、ずっと雨が強く降っていたせいで、私にとって遊歩道は使えなかった。

  • 天の東方には、道路の両側に岩だながある。そこには昼にもかなり暗い。ある場所で上へ見ると、 一応台湾という島の形が見える。だが、そのところは少し見つけにくい。その場所の名前は 錐麓大斷崖だ。

  • 天の中にも、見応えのある見所がある。一つは、遠くから見える 七重塔というところだ。太魯閣の風景に似てる地域は スイスなどにもあるが、その仏塔のおかげで、それを見る人は今どんなに国にいることを覚えさせる。

  • 梨山という村には、簡単に天からバスで行ける。その道路は、太魯閣の山峡から出てジグザグに山を 登る。数時間のつづら折の道路を走るのは皆の趣味ではないだろうかと思っていた。約二時間後、バスは 大禹嶺という村に着いた。 村は大袈裟だ。ただ標高2000b以上にある小さくて汚いトラックストップみたいなところだ。しかし、周りの景色は やはり素晴らしい。大禹嶺から三つの道路がある。それは西方の埔里、北方の梨山、そして東方の花蓮だ。 西方には、公共バスがないのでご注意ください。

  • 大禹嶺から北のほうへ行くと、梨山 一時間後ぐらい梨山というかなり大きな村に着く。その村が山の上にあり、標高は約1900bだ。 村の中には、名所が全くないが、周りの景色はとても綺麗だ。特に北にある深い谷と高い山の眺めはすごい。 村の周りが完全に果樹栽培の私立の畑に占められているので、ハイキングは無理みたい。村には何もないから、 夜に出かけることもできない。唯一の選択肢は、ホテルの部屋に残ってテレビを見たり日記を書いたりなどだ。 風景は綺麗が、それ以外は梨山は別に行かなくても平気だ。

  • 梨山からの西への道路はまだ地震によるの被害で不通なので、西へ行きたい人はまず 大禹嶺へ戻らなければならない(参照:旅行のルート)。 そこから、まず埔里という町へ行ける。 大禹嶺から、小さな道路はまたジグザグで山を登り、結局 合歡山へ立ち至る。その山の高さは約3400bで、隣に 台湾の唯一のスキーのできる地町がある。だが、一月と二月しか雪がない。 山の峰の周辺はリゾート地で、それに従え 駐車場やホテル、屋台などが多い。しかも、そこに近い場所には、 軍隊の基地さえがある。途方で山を登りたくない人にとって、合歡山は天国だ。

  • 合歡山から、道路は霧社経由埔里までずっと山を下がる。 沿岸の平原にある台中という大都市は埔里からあまり遠くない。台湾の西方は明らかに東方と北方より 暑くて、冬の気温が25度を超えることは珍しくない。要するに寒い山地から近い埔里と台中へ行くときに、 植物などがかなり変わっていく。霧社の付近はリゾート地で、沢山の台湾人はその辺で休みの日を過ごすみたい。 梨山と同じく、その辺の農産物は台湾で有名だ。
  • 宿泊 霧社や埔里などには、ホテルがかなり多い。しかも、合歡山にもホテルがあるらしいが、そのへんのホテルは きっと高くて良く満席であると思う。大禹嶺には、ホテルが全然ない。梨山には、様々なホテルがあり、大体民族街という 小さな道路沿いに密集している。梨山には、二つの道路しかないので、民族街という道路はとても見つけやすい。 その道路はバス停に近くて、ホテルばかりがある。残念ながら、ホステルみたいな安宿がない。特に外国から観光客があまり 来ないのでそれは驚くべきものではないだろう。それに加えて、そこに休みのときを過ごす台湾人達は絶対バックパっカーより お金持ちだ。値段を見ると、大きな差があまりなくて、ホテルを見るとどれでも良いみたい。一つは 聖心大店というホテルだ。名前は良い感じだと思ったのでそのホテルに泊まろうとした。シーゾン中ではなかったので、最初から割引をもらって、普通の1500元の代りに600元だけを払った。しかも、部屋を見るとお得だった。衛星テレビなどがあったが、残念ながら暖房がついていなかった。私にとって、部屋の中で自分の息が見えるのは初めてだった。少なくとも気持ち良い電気毛布があった。そのホテルは見つけやすいが、安全の為に住所を: 梨山のホテルの住所